マンション投資の失敗を避ける|ローリスクにするコツ

住宅

保証人になる会社

スーツの男性

煩わしさがないのが人気

賃貸マンションを借りる時には保証人が必要になります。なぜ保証人が必要かというと、部屋を借りた本人が家賃を滞納したり部屋を故意に傷つけたりした場合、本人に変わって弁済する人が必要だからです。そのような保証人がいないと貸してくれない物件がほとんどです。保証人としては両親や兄弟姉妹が一般的ですが、最近は核家族化が進んで保証人を立てられないケースが増えています。そのような時に便利なのが家賃保証会社です。肉親などの保証人に成り代わって家賃保証をしてくれる会社です。その代わり、契約時に保証料を支払うことになります。人間関係の絆が薄くなっている現代では、お金で保証人になってくれる家賃保証会社を利用するのが人気になっています。その理由は保証人を頼む煩わしさがないからです。家賃保証会社の特徴は、保証料を支払いさえすれば保証人になってくれることです。例えば外国籍の人や高齢者や障害者などにはメリットがあります。

オーナーにとっても便利

オーナーにとっても連帯保証人よりも家賃保証会社の方が確実に保証してくれるため、歓迎する風潮になっています。家賃保証会社に支払う保証料は物件や会社によって違いますが、家賃の1ヶ月分が一般的です。家賃の半月分、30から70パーセントなどの場合もあります。このような家賃保証会社に保証人になってもらうと、万一家賃を滞納した場合は保証会社が家賃を立て替えるという特徴があります。そのため保証会社の方も穴埋めをするため、立て替えた分の請求が本人に対して行われます。通常保証会社に依頼していないと、経営者本人が借り主に直接請求する必要がありますが、依頼していることでその手間が省けます。さらに多くの保証会社では、空室が出たとしても一定の収入が得られるように保証してくれるサービスを行なっているところもあるので安心出来ます。